練習問題

児童虐待2 問題編

更新日:

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。

1)深刻な虐待状況にあるケースの場合、2週間から2ヶ月程度の間、家庭から一時的に離し保護をする「一時保護」が実施される。

2)一時保護の後、処遇方針が決定を受けて継続支援が開始されるが、その支援は「在宅支援」と「施設養育」に大別される。

3)在宅支援は複数の機関が協働して行い、児童相談所がその調整機関となる。

4)在宅支援に処遇方針が決定された場合、「要保護児童対策地域協議会」で情報を共有し、機関協働による支援を行うことになる。

5)児童相談所が対応する虐待件数のほとんどが「在宅支援」の処遇となっている。

6)市区町村の子育て支援、周産期以降の母子保健活動などは、虐待発生の予防策ともなっている。

7)保護者が児童期に虐待を受けた経験がある場合は、その保護者の児童の虐待につながるリスクと考えられる。

8)ハイリスクケースは、虐待につながるリスクを抱える親子ではあるが、実際に虐待が起こっているわけではない。そのため、プライバシーへの配慮が特に重要であり、在宅支援は市区町村の福祉事務所が単独で請け負う。

9)在宅支援の内容は、相談や、一時保育などを担う場を設定して行う拠点型の支援、家庭に赴き育児支援や家事支援を行う訪問型の支援等がある。

10)在宅支援が難しいと判断された場合、里親や児童福祉施設を利用することとなるが、その際、子どもの同意は必要であるが、虐待を行った保護者の同意は必要としない。

 

よく読まれている記事

1

とてもすばらしい問題集が発売されました。辰巳法律研究所の「公認心理師試験 これ1冊で!最後の肢別ドリル 」です。全分野にわたる369問の正誤問題。そして、公認心理師法から78問、関係行正論から32問の ...

2

公認心理師試験に役立ちそうなサイトです。私の知らないサイトがまだまだあると思います。随時追加しますので、教えてください。 無料と有料がありますが順不同です。 公認心理師現任者講習会テキスト 正誤表 & ...

3

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 31)入院中の患者宛の郵便物に刃物や薬物等の異物が同封されていると判断される場合には、患者に渡さず、速やかに看護師や医師が開封 ...

4

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 21)任意入院の患者から退院請求があった場合でも、病状などから直ちに退院させられないとの指定医の診察・判断があれば48時間を限 ...

5

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 11)精神医療審査会は、精神科病院に入院した障害者の人権養護、適切な医療及び保護の確保を目的とした審査機関であり、二次医療圏( ...

-練習問題

Copyright© 公認心理師サプリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.