練習問題

教育における児童生徒への支援1 問題編

更新日:

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。

1)児童福祉法は、児童の健全な育成,児童の福祉の保障とその積極的増進を基本精神としている。

2)児童福祉法に定められる「児童」とは、満20歳に満たない者をいう。

3)児童福祉施設は12施設とされ、保育所、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センタ-、児童自立支援施設などがある。

4)いじめ防止対策推進法は、いじめの定義にインターネットを通じて行われるものを含んでいるが、当該行為の対象となった児童が、心身の苦痛を感じていなければ、いじめではない。

5)いじめ防止対策推進法のいじめの定義には、教師から児童・生徒へ行われるいじめも含んでいる。

6)いじめ防止対策推進法には、いじめの対応において「心理・福祉の専門家との連携」が明記されている。

7)義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律では、不登校児童・生徒に関してのみならず、全ての児童生徒に対する学校における取組についても規定されている。

【以下の問題は現任者講習テキスト以上の知識を必要とするハイレベル問題です。更なる得点アップを目指す方はチャレンジしてみましょう】

8)いじめ防止対策推進法では、その第26条において、いじめの対応として学校長はいじめを受けている児童等の保護者に対して、当該児童の安全確保のため登校停止を命じることができるとしている。

9)いじめの解消とは、いじめ行為が止んで6ヶ月以上が経過しており、被害者が心身の苦痛を受けていない状態にあることを指す。

10)教育機会確保法では、不登校児童・生徒の無理な通学はかえって状況を悪化させる懸念があるため、子どもたちの「休養の必要性」を認めた。

よく読まれている記事

1

とてもすばらしい問題集が発売されました。辰巳法律研究所の「公認心理師試験 これ1冊で!最後の肢別ドリル 」です。全分野にわたる369問の正誤問題。そして、公認心理師法から78問、関係行正論から32問の ...

2

公認心理師試験に役立ちそうなサイトです。私の知らないサイトがまだまだあると思います。随時追加しますので、教えてください。 無料と有料がありますが順不同です。 公認心理師現任者講習会テキスト 正誤表 & ...

3

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 31)入院中の患者宛の郵便物に刃物や薬物等の異物が同封されていると判断される場合には、患者に渡さず、速やかに看護師や医師が開封 ...

4

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 21)任意入院の患者から退院請求があった場合でも、病状などから直ちに退院させられないとの指定医の診察・判断があれば48時間を限 ...

5

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 11)精神医療審査会は、精神科病院に入院した障害者の人権養護、適切な医療及び保護の確保を目的とした審査機関であり、二次医療圏( ...

-練習問題

Copyright© 公認心理師サプリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.