練習問題

犯罪被害者支援および家庭紛争事件における法規や制度1 問題編

更新日:

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。

1)犯罪被害者等基本法では、国や地方公共団体の、被害者の損害回復や経済的支援への取り組みの責務を明らかにしている。

2)被害者参加制度では、殺人や傷害等の被害者は裁判に出席することが認められており、法廷で意見を述べることもできる。

3)被害者参加制度では、裁判に出席できる被害者は、自身の心身の健康を保つことが出来る者のみに限られており、付き添いは認められていない。

4)警察においては犯罪被害者に、加害者の処分等に関する情報提供をする取り組みが進められている。

5)家事事件の当事者には、裁判所の判断の基礎となる情報や資料について意見を述べる機会が確保されている。

6)家事事件手続法では、子どもの手続代理人として弁護士を選任することができる。

7)民法では、協議離婚は夫婦間の話し合いによって行われるものである為、面会交流や養育費等についても夫婦間の合意により定めなくても良いとしている。

8)ハーグ条約では子の年齢が18歳未満であると、子どもを奪われた親は国の政府を通じて相手国に子の変換や面会を請求できる。

【以下の問題は現任者講習テキスト以上の知識を必要とするハイレベル問題です。更なる得点アップを目指す方はチャレンジしてみましょう】

9)ハーグ条約は、どちらの親が子の監護をすべきかの判断は子の元の居住国で行われるべきであることとしている。

10)ハーグ条約は、日本人と外国人の間の国際結婚・離婚に伴う子どもの連れ去りについて定められたものであり、国境を越えた子どもの不法な連れ去りであっても、日本人同士の場合は対象とならない。

よく読まれている記事

1

とてもすばらしい問題集が発売されました。辰巳法律研究所の「公認心理師試験 これ1冊で!最後の肢別ドリル 」です。全分野にわたる369問の正誤問題。そして、公認心理師法から78問、関係行正論から32問の ...

2

公認心理師試験に役立ちそうなサイトです。私の知らないサイトがまだまだあると思います。随時追加しますので、教えてください。 無料と有料がありますが順不同です。 公認心理師現任者講習会テキスト 正誤表 & ...

3

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 31)入院中の患者宛の郵便物に刃物や薬物等の異物が同封されていると判断される場合には、患者に渡さず、速やかに看護師や医師が開封 ...

4

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 21)任意入院の患者から退院請求があった場合でも、病状などから直ちに退院させられないとの指定医の診察・判断があれば48時間を限 ...

5

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 11)精神医療審査会は、精神科病院に入院した障害者の人権養護、適切な医療及び保護の確保を目的とした審査機関であり、二次医療圏( ...

-練習問題

Copyright© 公認心理師サプリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.