「 月別アーカイブ:2018年09月 」 一覧

練習問題

労働基準法を含む労働三法1 問題編

2018/09/27  

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 1)労働三法とは労働者の権利を具体的に定めた法律であり、労働基準法、労働組合法、労働安全衛生法を指す。 2)労働基準法は、労働 ...

練習問題

労働契約と法規制、安全配慮義務1 問題編

2018/09/23  

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 1)労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、使用者がこれに対して賃金を支払う契約である。 2)労働契約または雇用契約の合 ...

練習問題

犯罪被害者支援および家庭紛争事件における法規や制度1 解答・解説編

2018/09/21  

1)○ 犯罪被害者等基本法では犯罪被害者等のための基本方針及び重点課題が決められています。これにより、刑事手続きへの関与の拡充への取り組み、損害回復や経済的支援への取り組み、被害者参加制度の創設など大 ...

練習問題

犯罪被害者支援および家庭紛争事件における法規や制度1 問題編

2018/09/19  

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 1)犯罪被害者等基本法では、国や地方公共団体の、被害者の損害回復や経済的支援への取り組みの責務を明らかにしている。 2)被害者 ...

練習問題

刑事事件における法規や制度1 解答・解説編

2018/09/17  

1)× 「警視庁が事件を起訴」が誤り。正しくは、検察官です。刑事事件は、司法警察員や検察官の捜査活動を経て、検察官が事件を起訴あるいは不起訴、起訴猶予にするかを決めます。(公認心理師現任者講習テキスト ...

練習問題

刑事事件における法規や制度1 問題編

2018/09/15  

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 1)刑事事件は、警察の捜査活動を経て、警視庁が事件を起訴あるいは不起訴、起訴猶予にするかを決める。 2)刑事裁判所に起訴をされ ...

練習問題

少年事件における法規や制度2 解答・解説編

2018/09/13  

11)○ 家庭裁判所では、非行事実が極めて軽微で、既に警察や家庭などにおいて少年に対して教育が行われたことにより、少年の問題点が改善され再非行のおそれがなくなった等の場合、審判が開かれないことがありま ...

練習問題

少年事件における法規や制度2 問題編

2018/09/11  

以下の設問について、正しいものには○、誤っているものには×をつけなさい。 11)家庭裁判所では、非行事実が極めて軽微で、既に警察や家庭などにおいて少年に対して教育が行われたことにより、少年の問題点が改 ...

練習問題

少年事件における法規や制度1 解答・解説編

2018/09/09  

1)× 少年法では、少年の健全な育成を期し、刑事事件とは違って刑罰ではなく、あくまでも保護が目的であると規定しています。(公認心理師現任者講習テキストP104 以下:テキスト) 2)× 少年法でいう少 ...

勉強ノート

【暗記】語呂合わせあちらこちら

2018/09/08  

思いつくままにあちらこちらと行きます。その都度追加します。 もっと素敵な語呂合わせ大歓迎です。作者名とともに発表したいですね。   (1)健康日本21 「子牛はアルタが順当」 こ(心の健康) ...

Copyright© 公認心理師サプリ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.